ちょっと悩んだ時の、道しるべブログ

生活の中で気になることや知っておくとお得な知識・情報をまとめた、ほのぼのサイトです♪

生活の知恵

スピーカーでコスパ&音質良しの、PCに使える5種をご紹介

投稿日:

こんにちは!

本記事では、

「スピーカー×コスパ×音質」

という条件で、PCにも使えるオススメのスピーカーを厳選して5つご紹介していきます。

私、毎回思うんですけど、
スピーカーを購入する時って、めちゃめちゃ迷いませんか?

値段が高いものから安いものまでピンキリすぎるし、
そもそも種類がたくさんあって、とてもじゃないけど選びきれない・・・。

ネットで調べてみても、やっぱり候補が多すぎて迷ってしまったりするし、お店で買うのがお得なのか、ネットで買った方がいいのか、

分からないことが多すぎて「あ~~~~!」ってなるんですよね。

私もまさにこんな感じでした。

でも大丈夫です!

本記事では、コスパのいいPC用スピーカーを5つ厳選して詳しくご紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

スピーカー×コスパ×音質のオススメ5選はこうやって選びました!

さきほど、

“分からないことが多すぎて「あ~~~~!」ってなった”

とお伝えしましたが、

じゃあ私はどうしたのか、というと
まずは家電量販店に行って、店員さんを捕まえて、

「音質のいいスピーカーでできるだけお手頃なやつ、ありませんか??」

って聞いてみたんですね。

「1つのお店の一人の店員さんに聞いただけじゃ心もとないかな?」

と思ったので、ビックカメラさんやヨドバシカメラさん、ヤマダ電機さん等、色々な大手家電量販店に行って、計5人のスピーカー担当の店員さんにがっつりお話をうかがいました。

(ご協力いただいた店員さん、ほんとにありがとうございました!)

そしたら、さすがはプロ、といったところでしょうか。
具体的な商品名を複数教えていただくことができたんです。

ほかにも、

「パソコンとの接続方法はUSBではなくイヤホンケーブルの方が音質がいい場合が多い」
「基本的に『W(ワット)』数が高いスピーカーの方が出せる音量の幅が大きい」
「重低音にこだわるなら、ウーファー搭載のスピーカーを選ぶといい」
「高音にこだわるなら、ツイーター式のスピーカーがオススメ」

などの豆知識も合わせて教えていただき、
今後、自分でスピーカーを選ぶ際の知識も蓄えることができました。

せっかくなので、これら4つのポイントをもう少し詳しくお話ししていきますね。

パソコンとの接続方法はイヤホンケーブルの方がオススメ

スピーカーとパソコンをつなぐ方法として、
「USBケーブルでつなぐタイプ」と、「イヤホンケーブルでつなぐタイプ」の2種類が存在します。

これら2つのタイプを比べた時、オススメなのが「イヤホンケーブルでつなぐタイプ」なんですね。

実は、イヤホンケーブルを介してパソコンとスピーカーをつなぐことで、パソコンで再生した音楽をよりクリアにスピーカーに届けることができるんです。

USBは、音楽以外にも画像や動画、文章など、なんでも運ぶことができますが、イヤホンケーブルは音楽専門ですからね。

そのため、イヤホンケーブルの方が、
音楽をクリアな状態で運ぶことには長けている、というわけなんです。

『W(ワット)』数が高いスピーカーの方が最大音量が大きい

スピーカーの箱の裏面などを見てみると、専門用語っぽい単語が並んでいて、初心者さんにはとっつきにくい印象があると思います。

(そのお気持ち、めっちゃわかります!)

でも、ド素人な雰囲気を全開にして店員さんにいろいろ聞いた甲斐があって、
まず確認すべき明確なポイントを1つ教わることができました。

それが、『W(ワット)』数です!

この『W(ワット)』数というのは、「そのスピーカーが出せる最大音量」を表していて、数字が大きければ大きいほど、より大きなサウンドを出すことができる、というものになります。

店員さんが言うには、スピーカーを買った後にがっかりするパターンとしてかなり多いのが、

「思ったより音が小さかった」

ということらしく、あらかじめ『W(ワット)』数を確認しておくことでこういったトラブルは格段に避けやすくなります。

あくまで目安ですが、一般的に、屋内で使用するスピーカーの場合は最低5W、屋外なら最低でも20Wはほしいといわれていますね。

ただ、後で詳しくお話ししますが、
今私がパソコンにつないで愛用しているスピーカーも『20W』のものでして、普段は音量を70%くらいにして使用しています。

音の大きさに関しては人によって感じ方が違う部分も大きいので、

出来れば、店頭で店員さんにご協力いただき、実際にスピーカーで音を出してみるのがオススメですよ。

重低音にこだわるならウーファー搭載が必須

では、ここからは音質に関するお話になります。

まず、どっしりと体に響くような重低音を求める場合は、『ウーファー搭載』と書かれたスピーカーを選ぶことが必須になります。

ウーファー(または「ウーハー」)は、重低音の音圧をしっかり保った状態で出力する装置のことでして、

これがあるのとないのとでは、重低音の聞き心地に雲泥の差が生まれます。

極端に言うと、ウーファー搭載のスピーカーは、大太鼓の「どぉん どぉん」という迫力のある重低音になるのに対し、

ウーファーを搭載していないスピーカーだと、
小太鼓のような「たんっ たんっ」という軽い音になってしまいます。

(同じ音楽を出力しても全く変わってきます)

また、搭載されているウーファーユニットの大きさによっても重低音の質は変わってきて、ウーファーユニットが大きいほど、より重厚感のある重低音を楽しむことができます。

少し具体的な例を出しますと、ウーファーユニットの直径が5mm小さくなっただけで、体感がかなり変わってくるんですよ。

私が以前使っていたスピーカーが、直径3cmのウーファーを搭載していたんですけど、別のものに買い替えたところ、ウーファーユニットの直径が2.5cmだったんですね。

実際に聞いてみると、買い替えた当初は結構な違和感というか、重低音の軽さを感じました。

(今ではもう慣れましたけどね)

なので、重低音にこだわる場合は、ウーファー搭載は必須、なおかつ、ウーファーユニットができるだけ大きいものを選ぶといいでしょう。

高音にこだわるならツイーター式がオススメ

今度は逆に、高音をしっかりクリアに出したいという方に向けてのお話になります。

高音にこだわる場合にオススメなのが、「ツイーター式」と呼ばれるタイプのスピーカーになります。

ツイーター式というのは、スピーカーに「高音を出す専用のユニット」が搭載されているタイプで、

出す音の役割分担が しっかりなされている分、よりクリアに高音を感じることができます。

私も、最初にツイーター式に出会ったときは、

「低音と高音を別々に出すなんて、ちぐはぐになっちゃうんじゃないの???」

と、半信半疑だったのですが、

実際に店頭で音を聞かせてもらったところ、違和感のなさにびっくり!

ただ、やっぱり安いスピーカーは、それ相応の音しか出せないので、
「自分の出せる予算内で、いかに音質を上げられるか」って、かなり勝負どころだと思うんですよね。

極端な話、

「低音も高音もそこそこ出せればいいから、できるだけお安く済ませたい」

という場合は、この後ご紹介する一つ目のスピーカーとかがめっちゃオススメですし、

低音や高音にフィーチャーしていきたいのであれば、
後半にご紹介する音質特化のスピーカーを選んでいただくのがいいかと思います♪

 

・・・といった形で、だいぶ長話をしてしまいましたが、

こうして店員さんから教えてもらった情報をもとに、
私はオススメいただいた候補の中から、値段やスペックなどを調べ、他の候補と照らし合わせて、

やっと私は自分にピッタリなスピーカーを手に入れることができたんです。

(今も、そのスピーカーは私のPC前で活躍中です)

・・・が、正直調べたり比較する作業ってめんどくさそうですよね。

でも、ご安心ください!

本記事をお読みいただいているあなたは、
わざわざ自分でイチから調べなくても、

これから私がお話しする

すでに家電量販店のプロが選んでくれた候補の中から、
さらにそれぞれの特長を見比べて、/span>

自信をもって自分にあったスピーカーを選ぶことができるんです。

次の章から、私が自分のスピーカーを選ぶときに知り得た情報を詳しくお話ししていきますので、

ぜひスピーカー選びの参考にしていただけますと幸いです。

スピーカーでコスパと音質を求めるならコレ!

ではこれから、オススメのPC用スピーカーを、
一つ一つ特長などを交えつつお話ししていきますね。

商品ごとに価格も記載していますが、
この価格は本記事を執筆した2020年7月4日現在のものになりますので、その点ご了承の上、ご覧いただけますと幸いです。

スピーカーでハイコスパの王道はこれ!

引用元:https://www.amazon.co.jp/Creative-Type-C%E7%B5%A6%E9%9B%BB%E6%8E%A1%E7%94%A8%E3%82%A2%E3%82%AF%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%96-%E3%83%94%E3%83%BC%E3%82%AF%E5%87%BA%E5%8A%9B16W-45%C2%B0%E4%B8%8A%E5%90%91%E3%81%8D%E3%83%89%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%90%E3%83%BC-SP-PBLV2-BK/dp/B07XF2SRSS

 

価格 3,280円(税別)
音量
低音
高音
電源の供給方法 同梱のライン入力ケーブル
PCとの接続方法 同梱のUSB電源ケーブル

 

まずはこちら。

クリエイティブから発売されている「Pebble V2」です。

「スピーカーと言えばクリエイティブ」と言われるほど、とにかくスピーカーが得意なメーカーが作った一品です。

そんなクリエイティブ製の商品の中で、ひときわコスパを重視して作られたのがこの「Pebble V2」になります。

こちら、小型のスピーカーで価格も控えめなのに、
パワフルかつ明瞭な音が楽しめる、優秀なスピーカーなんです。

低音もそこそこ出ますし、くっきりはっきりとした音質で、
ノートパソコンなどの横においてもとっても活躍してくれますよ。

ただ、こちらの商品、
電源の供給方法がUSBを介してになりますので、
お手持ちのパソコンのUSBユニットの空きをご確認の上、購入されることをオススメします。

 

高い音がクリアな音質のスピーカー!

引用元:https://www.amazon.co.jp/%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%83%AF%E3%82%B5%E3%83%97%E3%83%A9%E3%82%A4-MM-SPL6BK-%E3%83%9E%E3%83%AB%E3%83%81%E3%83%A1%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%A2%E3%82%B9%E3%83%94%E3%83%BC%E3%82%AB%E3%83%BC/dp/B007WSKH4W

 

価格 4,408円(税別)
音量
低音
高音
電源の供給方法 同梱のライン入力ケーブル
PCとの接続方法 同梱の電源プラグ

この「MM-SPL6BK」は、メーカーさんの希望小売価格は7000円オーバーという、割と本気のスピーカーなんですけど、ネットショップなら4000円台で買える場合がありますよ!

「MM-SPL6BK」は、私が今 実際に使っているスピーカーになります。

スピーカー下部に3つのつまみがついていて、
音量・低音・高音のバランスを、自分好みに調整することができるのもポイントなのですが、

こちらのスピーカーの特筆すべき点は、何といってもクリアな高音!

最大音量で高音を最強に設定すると、
耳をつんざくような超クリアな高音を思いっきり楽しむことができます。

低音に関しても、2.5インチのウーファーが搭載されているので、
そこそこしっかりとした低音も出せます。

出力に関しても20Wと十分なので、
私もパソコンのお供として使っている、音質・コスパともに満足の一品です。

ちなみに、これは私個人の感覚になってしまうのですが、
私が「MM-SPL6BK」で音楽を聴いたりするときは、だいたい音量のメモリを70%くらいにして使用しています。

一度、ボリュームのレベルをMAXにして使ってみたこともあるのですが、私には音が大きすぎたので、今は70%くらいに落ち着いています。

高音と低音のレベルはどちらも最大にして使用していますが、
どちらも耳障りに感じるレベルではないので、高音と低音のレベルは強めにした方が、サウンドに迫力が出ますよ。

重低音の音質がたまらない卓上スピーカー!

引用元:https://item.rakuten.co.jp/1bankanwebshop/4969887527801/

 

価格 2,355円(税別)
音量
低音
高音
電源の供給方法 同梱のライン入力ケーブル
PCとの接続方法 同梱の電源プラグ

本来、メーカーさんの希望小売価格は5400円のスピーカーですが、
後ほどご紹介するネットショッピングのリンクからご購入の場合は、半額以上値引きされた状態で買うことができるかもです!

続いてご紹介する「MM-SPL9BK」は、以前私が使っていたモデルですね。

先ほどご紹介した「MM-SPL6BK」の一つ前の機種になるのですが、
スペックが劣っているかというとそんなことは全くなくって、

特に低音の音質に関しては圧倒的にこちらの方がハイクオリティだと思います。

出力できる音量的には、先ほどが20Wなのに対して「MM-SPL9BK」は16Wなので、若干劣りますが、

低音の「だんだんっ」と体に響いてくるあの感じはこちらの方が上ですね。

この「MM-SPL9BK」、それぞれのユニットに大小2つのスピーカーがついていて、上の小さいスピーカーが高音担当、下の大きなスピーカーが低音を担当するという構造になっていて、かなり迫力のあるサウンドが楽しめます。

ちなみに、私が「MM-SPL6BK」を使用していた時は、
音量レベルをMAXにして使用していました。

体に響く「だんだんっ」という音だけでなく、ウーファー特有の「ヴ~~~」という低音もしっかり出てくれるのでとっても重宝していました。

スピーカーのウーファーユニットの前にティッシュなどの紙を置くと、低音のリズムに合わせて紙が揺れるくらい、しっかりしたウーファーが搭載されています。

もちろん、もっともっと高いスピーカーを探せば
「MM-SPL6BK」を超える低音を再生できるスピーカーもあると思いますが、

この値段でこれだけしっかり低音を出せるなら十分だと思いますよ。

高音も私的には申し分ないですし、オススメです♪

 

家電量販店員さん激推しの本格スピーカー!

引用元:https://jp.creative.com/p/speakers/creative-gigaworks-t40-series-ii-gw-t40-iir

 

価格 7,600円(税別)
音量
低音
高音
電源の供給方法 同梱のライン入力ケーブル
PCとの接続方法 同梱の電源プラグ

 

メーカー希望小売価格は11500円という本格スピーカーですが、

タイミングにもよっては、7000円台くらいの超おトク価格で購入できる場合もありますので是非チェックしてみてください。

「GigaWorks T40 Series II 2.0ch」というこちらのスピーカー、

実は、私がオススメスピーカーを取材した販売員さんが口をそろえてオススメしてくださったスピーカーなんです。

スピーカーで有名なクリエイティブ社製ということもあり、この時点でクオリティに安心感を覚えますが、期待を裏切らない音質の良さです。

私、こちらの「GigaWorks T40 Series II 2.0ch」も店頭で試し聞きをしてきたのですが、
なんていうか、重厚感と明瞭さのバランスが良く、

とても聞き心地のいいサウンドなんですよね。

音の広がりのせいなのか、出力W数以上の音量を感じましたし、
サウンドの深みがかなりあったように思います。

ただ、ちょこっとだけ本体が大きく、背が高いスピーカーなので、私のデスクにはちょっと収まらなかったんですよね・・・。

具体的な大きさで言うと、
約15cm×11.6cm×32cmとなっていて、高さがやはり際立っています。

高さのイメージで言うと、2Lのペットボトルくらいあるんですよ。
(2Lのペットボトルの高さがだいたい30cmちょうどなので、それよりもちょっと高い感じになりますね)

ただ、横幅と奥行きはむしろコンパクトなので、
お買い求めの際は、置き場所をご確認の上、ご購入ください♪

重低音特化のコスパ良しのスピーカー!

引用元:https://www.logicool.co.jp/ja-jp/product/speaker-system-z313

 

 

価格 5,100円(税別)
音量
低音
高音
電源の供給方法 同梱のライン入力ケーブル
PCとの接続方法 同梱の電源プラグ

 

最後はこちら!

「ロジクール PCスピーカー パソコン用 Z313」です。

この「ロジクール PCスピーカー パソコン用 Z313」も、メーカー希望小売価格は6500円ですので、
ネットで買った方がお得かと思います。

「ロジクール PCスピーカー パソコン用 Z313」は、重低音に特化したスピーカーとなっていて、しっかりとウーファーの効いたサウンドを楽しむことができます。

出力自体は7Wと小さめなものの、立体的かつ重厚感のある音を再生できるので、卓上に置いてもぴったりですよ。

より音圧のある重低音を出すためのウーファーユニット(写真右の箱)も、13cm×17cm×20cmと、見た目の割に大きくないので、パソコンを置いているデスクの下とかのちょっとしたスペースにおける設計になっています。

この箱が「サブウーファー」といって、
重低音をより迫力あるものにしてくれるんですよね~♪

ちなみに、この箱の大きさについては、500mlのペットボトルくらいの高さですので、場所もあまり取りませんよ。

2つあるスピーカー本体も、高さ15cm×9cm×8cmととってもコンパクトなので、サブウーファーを置く場所が確保できれば、ほぼほぼ置き場所には困らないと思います。

パソコンの両脇にスピーカーを置く場合なら、
モニターの両サイドに500mlペットボトルを置けるスペースがあれば、ほぼ大丈夫だと思いますよ。

ちなみに、もし重低音が効きすぎているように感じた場合は、コントロールポッドで低音の調整も可能なので、操作性に関してもばっちりだと思いますよ。

まとめ

ということで、今回は「スピーカー×コスパ×音質にこだわりたい!」の3ポイントに絞って、
オススメのスピーカーをご紹介しました。

私自身、使っているスピーカーが壊れて、
いざ新しいスピーカーを購入しようと探しているときに、
サイトによってはオススメが多すぎて逆に迷った経験があったので、

家電量販店で働く方に教えてもらったホントのオススメ商品のみを
5つ厳選してお伝えしてみました。

ちなみに、私の個人的なオススメとしては、
各店舗の店員さんもめちゃめちゃ推してくださった「GigaWorks T40 Series II 2.0ch」ですね。

実際に店頭でサウンドも聞いてみましたが、価格で考えれば、重低音も高音も申し分ないですからね。

今回ご紹介したスピーカーの中でも少しお高い部類になりますが、
その分、音質や、音の伸び、音の広がりは別格ですよ。

では、あなたにピッタリの相棒に出会えることを心よりお祈りしています。

ご参考になれば幸いです。

 

〇本記事内で記載している価格等の情報は、2020年7月4日時点のものになります

-生活の知恵
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

マイプロテインの味のオススメ!フレーバーで人気のものをレビュー!

こんにちは! みなさん! 筋トレ、頑張ってますか? 「夏に向けて体をカッコよく仕上げたい!」とか 「健康的にダイエットを成功させるために、筋トレも続けてる!」など、 目指す目標はさまざまでしょう。 そ …

外郎売の覚え方とどんな話なのかあらすじをご紹介するまとめページ♪

こんにちは! 今回は、外郎売(ういろううり)のお話です。 アナウンサーさんやお芝居の世界を志す方が避けては通れない道といっても過言ではないのがこの外郎売。 スポンサーリンク 滑舌練習に用いられることが …

マイクロソフトサポートに電話が繋がらない!繋がりやすい時間は?

こんにちは! 今回のテーマは、マイクロソフトサポートに電話が繋がらない!という方に向けたお話になります。 PCを買い替えたりして、もろもろの初期設定をしているものの、 「Outlookの設定がうまくい …

windows hello pinを設定したくない!スキップやキャンセルの方法は?

こんにちは! みなさんは、お使いのPCにログインパスワードを設定していますか? スポンサーリンク 家族で共用のパソコンだったりすると、仕事関係だったり見られたくないものを守ることができるので、便利です …

家の中の羽アリの駆除方法!自分でも簡単にできる対処法は?

こんにちは! 今回のテーマは、家の中に侵入してきた羽アリの駆除方法についてです! スポンサーリンク 床に虫の死骸が落ちているな?と思って、ふと部屋の電気を見上げた時、電気の周りに大量の羽アリが飛んでい …



%d人のブロガーが「いいね」をつけました。